交通事故に遭ってしまったらどうすればいいの?
交通事故に遭ってしまったら?


事故に遭ったら何をすればいいの?

損をしない為に、知っておきたい事は?



事故に遭ったらまず、何をしたらいいの?

必ず、警察を呼びましょう!

交通事故証明を申請します。
人によっては、その場で済ませようとする加害者もいます。
場合によっては、その後の賠償内容や貰えるお金が変わってきます。
必ず、警察を呼んで事故の処理を行いましょう!

    

警察を呼ばないで!と言われたら

絶対にお断りしましょう!
警察を呼ばない理由に正当な理由は存在しません。

警察を呼ばないでという要望には、絶対にNO!と言いましょう。
②事故を物損扱いにして欲しいという要望には、絶対にNO!と言いましょう。

物損扱いにしてしまうと以下のデメリットが発生します。

・後遺症が残っても逸失利益や慰謝料が支払われない。
・治療が長引いても後から損害賠償を請求できない。
・早期に相手側の損害保険会社に通院を打ち切られる可能性がある。
・警察は、民事不介入という鉄則のもと事故記録だけ書き込んで詳細な調査がされない。

必ず警察を呼びましょう
拒否する女性
STOPの道路標識
    

相手からどんな情報を聞けばいいの?

相手から必ず以下の情報を聞きましょう!

①相手の車のナンバー
②運転免許書の情報(氏名・住所)
③事故の状況写真(車・道路)
④相手の保険会社名と連絡先

相手の情報を得る事は、非常に大事なポイントとなります。
人によっては、事故の処理をわざと遅らせたり、連絡をくれない加害者もいます。
必ず、必要最低限の情報はその場で貰いましょう。

相手の車のナンバー
相手の免許証
事故の状況写真
    

治療はすぐに受けられるの?

治療を受ける前に、必ず保険会社へ連絡を入れましょう!

※土日の場合は、翌日でも大丈夫です!


①自身の加入している保険会社へ連絡を入れる。
②相手の加入している保険会社へ連絡を入れる。
③双方に、治療を受ける事を伝える
④整骨院への通院を開始する
⑤整形外科にて診断書を貰う

事故が起きてから、1ヵ月間以上が空いてしまうと治療を受ける事が出来なくなってしまう可能性があります。
必ず、双方の保険会社に治療を受ける事を伝えましょう!
同乗者がいる時も同様に、治療が必要な旨を伝える事が大事です。
交通事故の場合、転んでケガをするのとは衝撃が違いますので、症状が軽くても、後日深刻な後遺症や痛みが出る可能性があります。
“大したことはない”と思っていても、意外に重症である場合もあります。
事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。

保険会社に連絡する男性
整骨院で問診を受ける男性
整骨院で治療を受ける男性
    

知っておきたい!事故のマメ知識

通院する整形外科や整骨院は、いつでも変更出来ます

サービス内容、治療技術、予約、診察時間、待ち時間、様々な内容が院によって変わります。
ご自身が満足出来る整骨院や整形外科を探しましょう!

保険会社への対応をしてくれる整骨院を探しましょう

初めての事故で、全ての処理を自身1人で行うのは、非常に大変です。
事故専門員を配置しているプロの整骨院に頼みましょう!勿論、費用は掛かりません。

弁護士特約を有効に使いましょう

任意保険に加入している場合、ほとんどの保険に弁護士特約が自動でついております。
しかも、弁護士特約を使用しても来年の保険料が上がることはありません。
治療期間、慰謝料等で弁護士が介入した方が良い案件も最近増えております。
是非とも、弁護士との連携が強い治療院を選びましょう!

げんき堂整骨院にお任せください
事故専門員を配置しています
弁護士との連携の強い整骨院
交通事故に遭ってしまったらまずはお電話ください
株式会社GENKIDO

〒372-0015 群馬県伊勢崎市鹿島町440-1
0270-23-9796
0270-23-9790
genkido-s.com

Copyright © 2016 GENKIDO CORPORATION All rights reserved.